看護師がもらえる転職支援金の意外に知られてないルール

看護師転職支援金制度を採用している転職支援サービスを利用して、入職お祝い金をもらいましょう。転職支援金がもらえる仕組みや転職支援サービスの詳細情報、口コミを掲載しています。当サイトでは、看護師コラムを随時掲載中です。

看護師転職支援金がもらえるの転職サイト

看護師転職支援金を貰うためには?

転職支援サービスを利用して転職が成功した場合に、転職支援サービスから入職お祝い金を受け取ることができます。ただし、入職お祝い金のサービスを提供している看護師転職支援会社は限られ、支給してもらうための転職を行なう必要もあります。当サイトでは、入職お祝い金をプレゼントしている転職支援サービス「看護プロ」と「看護のお仕事」に注目し、サービス詳細や転職支援金制度の仕組み、支給条件などを掲載しています。

無料で利用する看護師がお祝い金を貰えるワケ

不信感を抱く必要はありません。看護師紹介会社では、看護師さんを紹介することで、求人者(病院やクリニックなどの医療機関)からの成果報酬をもらうのです。その成果報酬の一部を看護師さんへ入職のお祝い金として支給しています。

転職支援金の支給方法と対象者

看護師転職支援金を比較

転職サイト支給金額支給条件受給回数公式サイト
看護プロ最大10万円看護プロを通じて転職不明転職支援金が貰える条件を確認する
看護のお仕事最大5万円看護のお仕事を通じて転職1回転職支援金が貰える条件を確認する

入職お祝い金がもらえないケース

転職支援金を受け取る目的で転職を繰り返す行為は禁止されており、転職支援金を受け取ることはできません。入職お祝い金はあくまで看護師がスムーズに転職して慣れない新しい職場環境に早く適応してお仕事を頑張って貰うための支援制度です。

看護師転職支援金を貰った看護師の口コミ

看護プロの場合

看護プロ
今の病院を続けられたのは看護プロのおかげです。
転職支援金がほしくて、看護プロに登録しました。正直、紹介してもらった病院で長く続けられるか心配だったけど、担当者の方がとっても親 切に相談のってくれて、アドバイスしてくれたので、頑張ろうと思うことができました。キャリアアップ支援金はまだ使わずに貯めてます。看護プロはオススメです。やっぱり担当者によってサポートが全然違いますが、私は一番看護プロの担当者が親切だと感じました。(神奈川県 32歳 女性)

看護のお仕事の場合

看護のお仕事
看護のお仕事を使って転職して2ヶ月目
転職支援金の使い道は決まってないので、今のところ貯金しています。いずれ時間ができれば、保健師の資格をとりたいと目標があります。キャリアアップ支援とも言うみたいなので、その名の通りに自分のキャリアのために使っていきたいです。また次に転職する時も看護のお仕事さんにお願いしようと思ってます。入職日が決まったときに、看護のお仕事の担当者の方が、「転職に成功した後でもいつでも連絡してきてください。」と、やさしい声をかけてくれたので、とても心強くて、安心した気持ちで新しい職場にいくことができました。(大阪府 27歳 女性)

新人看護師の転職コラム

新人看護師向けの転職コラム。技術的に未熟で先輩看護師についていけないなど、入って間もないうちに「転職を考える新人看護師」が数多くいます。新人看護師の方は、ぜひ転職コラムを見て、自分にとってメリットの高い転職をしましょう。

本当に私に合ってますか?看護師の道

看護婦の国家試験をパスし期待に胸ふくらませて医療の道に進んでも、毎日仕事に追われ息をつく暇もなくハードに働く日々。職場での人間関係に気をつかい、先輩から怒られ、患者からクレームを入れられて、もう精神的、肉体的にボロボロ…。本当にこの道で合っているのだろうか?新人看護師なら、一度は考えることでしょう。でもあなたの笑顔を楽しみにしている患者さんがいるかもしれません。あなたの活躍を、心から期待している先輩看護師もいるかもしれません。あなたが看護師になったことには確かに意味があるのです。

新人看護師は「知識や技術が、まだまだ未熟」

新人看護師は、まだ医療に関する知識や経験が不足しています。そのため新人看護師は、多くの研修や勉強を行う必要があります。先輩看護師に付き添って、様々な経験を積み、やがて一人の看護師として独り立ちしていくのです。新人であれば知らないこと、分からないことがあるのは当然です。うやむやにせず、分かるまで先輩に聞いてみましょう。人の命に関わる仕事ですので、知り過ぎて困ることはありません。この時期の向上心が、後々の知識や技術にも繋がってきます。看護師として成長するためには、言い訳ではなく向上心が必要です。

意地悪な先輩と付き合いたくない

「あの先輩看護は言い方がキツイ。一緒にいたくない」「意地悪な先輩は嫌い」看護師の中には、優しい癒し系の人物だけではなく、ズケズケとものを言うキツイ人物もいます。中にはすぐに怒鳴る気の短い看護師も。付き合いにくい、仕事がしにくい。そう考えてしまいます。けれどもその先輩看護師は、本当に意地悪な人なのでしょうか?言い方きつくても、あなたのためを思って怒っているのではありませんか?人の命に関わる仕事ですので、本気になってあなたを指導しているのです。目先の態度だけで、人間の本質は見切れません。

その転職、ちょっと待った!

「看護師の仕事って結構ハード。でももしかしたら、他の職場ならもっと楽しくてゆとりがあるかも。転職しようかな?」こんな安易な理由で転職しようとしているのなら、ちょっと待った!新卒で仕事を始めて1年未満。そんな時期に転職することは、おすすめしません。まだ看護師としての基礎ができていない者を、喜んで採用してくれる職場はなかなかありません。あなたは即戦力となる経験豊富な看護師ですか?看護師として生きていく意志があるのなら、せめて3年は継続して一つの職場で頑張ってみましょう。安易な転職は失敗の元です。

どうしても違う道を探したい時は

「看護師としての人生を歩み始めたけれど、どうも私に合っていない。看護師は辞めたい」中にはこう考えて辞めていく人もいます。自分自身で考えて選んだことなら、誰も止めることはできません。看護師の資格を取得したにも関わらず、医療の世界から身をひき、他の道へ進んでいく人もいます。人間には向き不向きもありますし、実際に仕事をしてみないと分からない面もあります。人の命を預かる仕事、という重い責任に耐えられない人もいます。安易な気持ちでは続かない仕事ですから、時には看護師の道を諦める選択も「あり」なのです。